« デカン高原の村で | トップページ | 昨日の桜 »

ガンジス川の水で作ったチャイ

Ganges777Ganges778ヴァラナシを立ち去る日の朝。ガート沿いを歩いていたら、三人のババジ(サドゥー)が河原に近い砂場に座っているのが見えた。一人はふんどし一枚の本格派(?)である。そういえば、ヴァラナシはババジが減った。ちょうどその時期はカトマンドゥーのパシュパティにババジ連中は大集合するからなおさらである。それにしても、ババジのいないヴァラナシはマサラの入れ忘れたカレーのようなものだ。ババジが少なくなったのは、ヴァラナシが観光地化してシャンティー(静寂を意味する言葉)ではなくなってきたから、とあるババジは言っていた。話が脱線してしまったが、そんな味気なさを少しヴァラナシに感じていたので、このときは挨拶して一緒に座らせてもらった。それでしばらくしたら、チャイを入れてやるといわれて作ってくれたのが左側の写真。ただし、このチャイはミルク半分にガンジス川の水が半分で出来ている。目の前で、汚いガンジス川から水を汲んできたのでもう間違いない。まさか嫌だとはいえない。ババジ自ら聖なる水を汲んで作ってくれたチャイである。お湯の沸かし方も中途半端だった。鍋がないからグラスに水を入れ、暑くなった牛糞の上に置いて温める程度。別々に沸かした水とミルクを適当に混ぜて、茶葉と砂糖と何かのマサラを加えて終わり。味も期待していなかったが、これが予想に反してうまかった。あのマサラに秘密があるようだが、やはりガンジス川の水がうまかったのかもしれない。チャイを入れてくれた容器はもらって日本に持ち帰ってきた。これでコーヒーでも飲もうかと思ったが、下が丸くなっているのでうまく立たない。当たり前のことだが、これはあくまで土の上で使うものだ。日本にもって帰るとガラクタと化してしまうのが寂しいところだが、まあ仕方ない。次の旅に持っていって、帰る前にインドの土に返すというのもいいアイデアかもしれない。

|

« デカン高原の村で | トップページ | 昨日の桜 »

コメント

おなかは大丈夫だったですか?

チャイとチラムサドゥー
インドだな~

投稿: シコオ | 2006.03.30 01:48

ハイ、大丈夫でした。かれこれ10年以上も旅しているのですでに赤痢菌とか肝炎菌に対する抗体が出来ている、という話もあります(笑)

ババジたちはあいかわらずです。

投稿: 柴田 | 2006.03.30 11:02

チャイを作る様子に、爆笑してしましたした。

投稿: ことこ | 2006.04.01 14:05

牛糞とサドゥーとガンジス川の水ですからね(笑)
みんな神聖なものなんですが…(インドでは)

投稿: 柴田 | 2006.04.01 15:59

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/65972/9320244

この記事へのトラックバック一覧です: ガンジス川の水で作ったチャイ:

» インド旅行記4:バラナシ1 [はんどー隊ブログ(臨時インド旅行ブログw)]
目が覚めるとそこは寝台車の中。初めて寝台車なるもので寝起きしました。 外を眺める [続きを読む]

受信: 2006.04.10 09:32

« デカン高原の村で | トップページ | 昨日の桜 »