« インドに行ってきます | トップページ | 今夜の列車でアラハバードへ »

ヴァラナシにいます

ガンジス川がベンガル湾とまじわる地ガンガーサガールへの旅を終え、昨日ヴァラナシにやってきました。

ガンガーサガールでは一月十四日を最終日とする巨大な祭が行われていて、それ目的で訪れたのですが、これが大変な人出で、ほとほと疲れました。最終日は何と宿まで帰れず、難民船と化した舟で一泊、というか十四時間、トイレも食事もできずに過ごしました。今、ヴァラナシが天国に思えます。でも、祭自体はとても良かった!小屋で一泊させてくれたババジをはじめとするインド人の親切にも助けられ、良い時間を過ごすことができました。

このあとはいったん所用でデリーに行き、3日後に再びガンジス川中流域のアラハバードです。ここでも実は祭なんですね。大変です。でも、また良い出会いもあるでしょう。

アラハバード以降もまた辺鄙な場所への旅です。またどこかで報告します。

|

« インドに行ってきます | トップページ | 今夜の列車でアラハバードへ »

コメント

こんにちは、初めまして。
3月にコルカタから初インドに挑戦するつもりです。
色々検索してるうちにこちらのページに寄らせて頂きました。
何かとインドの噂におののいているので、
こちらの近況報告はありがたい限りです。
これからもup楽しみにしています。

投稿: koh | 2006.01.17 22:47

柴田さん御無事でなにより
いやあ本当に物凄い人波でしたね〜
サドウ銀座とサドウ横町にずっといたんですがとうとう御会いできなかったですね。残念です。
本殿に向かって一番右端のババジのとこに毎日通っていたんですが。毎日灰を額に塗って貰って嬉しかった(笑)
サガール島でのバス内で僕以外全員サドウという機会に恵まれました完全に僕が宇宙人でした,,,
宿なしでもなんとかなりましたね。サンガムかなり夜寒いみたいです、楽しんできてください!報告お待ちしてます

投稿: lamalama | 2006.01.18 00:25

柴田さん御無事でなにより
いやあ本当に物凄い人でしたね〜
本殿に向かって一番右端サドウ銀座のババジのとこに毎日通って灰を額に塗って貰って喜んでました
宿なしでもなんとかなりましたね。サンガムかなり夜寒いみたいです、楽しんできてください!報告お待ちしてます

投稿: lamalama | 2006.01.18 00:28

このブログを読んでいると、インドが近く感じます。
ヴァラナシという地名を聞くと、遠藤周作の『深い河』を思い出します。
やっぱり死ぬまでに1回は行って見たい国です!!

投稿: はるお | 2006.01.18 01:48

 はじめまして、こんにちは。

自分もインドが大好きです.
けれど、所帯をもって田舎に落ち着いてしまったので、もう10年行ってません。
 その時は、友達がバウルをやっているので、ジョイデブメーラやクンブメーラも行きました。

 その旅で今のかみさんと知り合ったのですが・・・

 今度いつ行けるやら。

 気をつけて、いい写真を撮ってください。

投稿: TARO | 2006.01.18 19:26

「サドウ銀座とサドウ横町」ってすごいですね~
想像を絶する人の波なんだろうなぁ。
写真楽しみです!

投稿: えつ | 2006.01.19 20:51

kohさん、はじめまして
コルカタからインドというのは結構おすすめです。東インドは地味ですが、なんとなく味があって、落着きます。村の夕暮れがとても平和です。コルカタの南、オリッサもいいですよ。プリーからヴァラナシ、ブッダガヤに直通列車も出ているので、もし時間があったら訪れてみてくださいね。

投稿: 柴田 | 2006.01.20 23:14

lamalamaさん、こんにちは。
やっぱり来ていたんですね。どうしたのかな~、と思って、そこらへんのサドゥーにいろいろ聞いていたんですが。
一泊させてもらったババジの小屋は寺からサドゥー銀座を見て左手、中程の場所です。ただ、ババジも忙しかったので朝夕ぐらいしかいませんでした。お会いできなくて残念でしたが、楽しまれたようで何よりです。
いただいたメールに関することですが、ジャイナ教の祭り情報はガンガーサガールでフランス人のカメラマンから聞きました。あの岩山です。十二年に一度なので一瞬、迷いましたが、やはり今は素朴なヒンドゥーの聖地ですね。
カトマンドゥー、パシュパティ行くんですね。ガンガーサガールのババジ連中は結構パシュパティに行くようですね。ナンディーババという裸のサドゥーに出会ったら、ジャパニが、ありがとう、と言っていたと伝えておいてくださいね(笑)
それではお気をつけて。

投稿: 柴田 | 2006.01.20 23:26

はるおさん、こんにちは。
ガンガー、ヴァラナシ、今も十分に心に響く魅力を持っています。インドは一方で経済発展の道を突き進み、もう一方では今も大地の中に沈み込むようにたたずんでいるようです。今日もオートリクシャーマンが、運転しながら20分も「あと10ルピーほしいんだけど、ジャパニ」の即興歌を歌ってくれました(笑)インド、土臭くてとても良いところです。

投稿: 柴田 | 2006.01.20 23:39

TAROさん、はじめまして。
友達がバウル、ってそれは日本人なのですか?
シャンティニケタンあたりでバウルの歌をよく聞きました。あのあたりの農村の風景によく似合っていてとても印象的でした。
10年インドに行かれていないということですが、インドは期待以上に変わっていないかもしれませんね。そんなインドが好きで、僕はもう十五年も通っています(笑)
またいつか、インドに行けるといいですね。

投稿: 柴田 | 2006.01.20 23:50

えつさん、こんにちは。
「サドウ銀座とサドウ横町」すごいですよ。特に「サドウ銀座」は、最終二日間は気合を入れて全員素っ裸です(笑)全部で約30人くらいです。それぞれが寺院横の道の両側に小さな店舗を構えている状態なんですが、店舗の奥が小部屋になっていて、裏口から出入りできるんですね。それで、その一室に泊らせてもらいました(笑)

投稿: 柴田 | 2006.01.21 00:09

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/65972/8204930

この記事へのトラックバック一覧です: ヴァラナシにいます:

« インドに行ってきます | トップページ | 今夜の列車でアラハバードへ »