« 2005年12月 | トップページ | 2006年2月 »

今夜の列車でアラハバードへ

現在デリーにいます。冬の天候不順や列車の遅れに備えて予備日を取ったのに、取材は初日に終了。かなり退屈です。写真は撮ろうと思えば撮れるのですが、この街には何も撮りたいものがない。昨日は博物館に行ったが、2,3時間で飽きてしまった。もう一日ヴァラナシにいればよかった。とはいえ今夜の列車で次の目的地アラハバードに行きます。
インドではあいかわらず果物にはまっています。冬はマンゴーがないので、オレンジ、リンゴ、ブドウなどが主ですが、最近のお気に入りは「チックー」。これは日本にはないでしょう。形はジャガイモそっくり、中身も地味なのですが、これがなかなかおいしい。種の形からして、多分、柿の仲間かもしれない。結構安いので、インドに行く方はお試しください(触ってみてジャガイモのように硬いのはまだ若く、苦いので注意)。
さて、アラハバード以降はずっと田舎めぐりです。観光地でもないのでインターネットは当分できません。多分オリッサのほうに抜けるので、プリーに着いたらまた旅の報告ができるかな、と思っています。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

ヴァラナシにいます

ガンジス川がベンガル湾とまじわる地ガンガーサガールへの旅を終え、昨日ヴァラナシにやってきました。

ガンガーサガールでは一月十四日を最終日とする巨大な祭が行われていて、それ目的で訪れたのですが、これが大変な人出で、ほとほと疲れました。最終日は何と宿まで帰れず、難民船と化した舟で一泊、というか十四時間、トイレも食事もできずに過ごしました。今、ヴァラナシが天国に思えます。でも、祭自体はとても良かった!小屋で一泊させてくれたババジをはじめとするインド人の親切にも助けられ、良い時間を過ごすことができました。

このあとはいったん所用でデリーに行き、3日後に再びガンジス川中流域のアラハバードです。ここでも実は祭なんですね。大変です。でも、また良い出会いもあるでしょう。

アラハバード以降もまた辺鄙な場所への旅です。またどこかで報告します。

| | コメント (11) | トラックバック (0)

インドに行ってきます

varanasi999aaa新年早々ですが、明後日(正確には明日)、1/8からまた旅に出ます。行き先はインドです。帰国は2/28の予定ですから、約一ヵ月半ですね。ガンジス川中下流域を中心に北インドを歩きます。例によって辺鄙な場所にいるのでなかなかブログの更新など出来ないかと思いますが、バラナシ、デリー、カルカッタなどからは簡単な報告は出来るかと思います。

写真ですが、バラナシのガートで牛糞を集めていた女の子です。また、懐かしい牛糞の香りですね~。なんて、優雅な旅にはなりそうもありませんが。

普段のメールアドレスは使えませんので、一応連絡先を書いておきます。でもたまにしかチェックしませんが…。

shibata1413chai@hotmail.com

| | コメント (6) | トラックバック (0)

あけましておめでとうございます

mandu15あけましておめでとうございます。新年いかがお過ごしですか?
などと書きつつ、僕自身は、まるで新年らしくない普段どおりの生活を送っています。正月から写真をスキャンし、chaichaiの新企画「デカン高原太古の森パチマリ」の作っていました。それでようやく昨日の夜、第一回をアップしましたので、よろしければご覧ください。というわけで、今年もますます写真と旅行に専念していきたいと思っています。どうぞよろしくお願いします。

写真ですが、デカン高原マンドゥーの水牛です。「新年のご挨拶を」といった感じの写真ですが、実はすでに相当怒っていたようです。写真嫌いなんですね。それで次の日は、多分彼らだと思うのですが、森の中で追われました。藪の中に逃げ込み間一髪でセーフだったのですが、今年も前途多難な予感…。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2005年12月 | トップページ | 2006年2月 »