« 今日も平穏な日々 | トップページ | 丘の上の村より »

インドのジャングルで

sika0022写真はラジャスターン州、ケオラディオ・ガナ国立公園。自転車でぶらぶらしていたら、突然ジャングルから鹿が飛び出してきた。朝一番だったので、鹿も油断していたのだろう。それにしても、野生動物との突然の出会いというのは、なんかぞくぞくしていいものだ。このあと、鹿は驚いてすぐにジャングルの茂みに身を隠した。たったそれだけのことだったが、そのときの心の昂ぶりみたいなものが印象に残り、実は今に続いている。多分、あのささやかな出会いの中に大切なものがたくさん詰まっている、ということなのか。だから、その意味とかを探ろうとしないで、その余韻を大事にしながら、これからも旅をし、写真を撮っていければいいな、と思う今日この頃です。

|

« 今日も平穏な日々 | トップページ | 丘の上の村より »

コメント

こんばんは。
とても幻想的で素敵な1枚ですね。ぞくぞくがこっちまで伝わってくるようです。
こぶ牛をはじめとした動物シリーズ、これからも楽しみにしています♪

先日スリランカのゴキブリの話が出ていましたが、インドのゴキブリはどんな感じなんでしょうか?
やはりでかいのですか?

投稿: | 2005.12.12 23:34

上のコメントも私です。
名前書き忘れちゃいました。ごめんなさい!

投稿: えつ | 2005.12.12 23:35

こんにちは。ネパール出発前にコメントをいただいたんですね。

動物保護区みたいなところはケオラディオ・ガナ国立公園しか行ったことがないのですが、思いのほか良かったです。他の場所もいろいろ行きたいですね。

ゴキブリの件ですが(笑)、ゴキブリを前にして冷静でいられないので、はっきり分かりませんが、日本と変わらないので。ただ、たまにすごいゴキブリ宿(部屋に10匹以上)があって、恐怖です。怪しいところは電気をつけっぱなしで寝ます(笑)。ゴキブリは暗いところが好きですからね。

投稿: 柴田 | 2005.12.13 00:46

そうです、「いってらっしゃい」と書き込ませていただきました。

ゴキブリ苦手なんですね! 意外!!
私もまったくダメですが、南アジアに長期間滞在するとなると、「ゴキブリ=どうしてもかかわらざるを得ない存在→なのでいつしか慣れっこに」、と勝手に思ってました(笑)

すごいゴキブリ宿ですか……(汗)
たとえ電気つけっぱなしでも、眠りは浅いでしょうねえ…。でも、そういう宿は「たまに」なんですもんね。ちょっと安心。これまでツアーで一度しかインドに行ったことがないので、いつか再訪するときのために、ゴキブリ事情知りたかったんです。ありがとうございました!

では、またおじゃましますね!

投稿: えつ | 2005.12.13 21:52

個人的には、明かりつけっぱなしでも熟睡できますね。逆に安心してよく眠れます(笑)。

ゴキブリですが、東南アジアほどは多くないと思います。ゴキブリ宿かどうか、昼間でも何となく分かります。家具の裏とかが要注意。パッと見て、清潔そうなホテルならまず大丈夫ですね。

投稿: 柴田 | 2005.12.14 01:12

私はたとえ明るくても、そばにいるのかと思うとダメです。常に臨戦態勢ですね。

東南アジアはむしむししてるから多いんでしょうね。日本のとは違って、あまりグロくないような話を聞いたことあります。しかし、昼間でもゴキブリ宿のオーラを醸し出してる宿って…

それにしてもゴキブリネタってすべり知らずですよね~。必ず盛り上がる!笑

投稿: えつ | 2005.12.14 22:01

部屋を明るくしてると、ゴキブリは嫌がって隣の部屋に行ってくれます(笑)。安宿の場合、ドアに隙間がありますからね。逆に部屋を暗くしていると、廊下のゴキブリが部屋に喜んでやって来る可能性も…。いつも臨戦態勢です(笑)。

投稿: 柴田 | 2005.12.15 00:19

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/65972/7588835

この記事へのトラックバック一覧です: インドのジャングルで:

« 今日も平穏な日々 | トップページ | 丘の上の村より »