« 牛のような気分 | トップページ | スリランカ写真 »

ブッダの生まれ変わり…(?)

ネパールでブッダの生まれ変わりという少年が注目を受けている(記事はこちら)。少年は15歳、聖地の菩提樹の下で数ヶ月に及ぶ瞑想を続けているのだということで、その間、食事も水も摂取していないのだという。本物かニセモノかは定かではないが、このような行為に走る人というのはインドあたりではときどきあらわれる。そして一定期間をこうして過ごしたあと、だんだんに話せるようになって、以後聖人として尊敬を受ける。ただ、本当に悟ってブッダとなったかどうかは人それぞれ。また誰が決定するわけでもない。
ただ、少年はちょっと普通とは違うかもしれない。断食しているわりには立派な体格をしているようで、それほど衰弱しているようにも思えない。痩せこけていないのは、実はこっそり食事をしているか、あるいは常人とは違った気質体質で、食べなくても痩せないような秘密があるのかもしれない。記事では民族名が明記されていない。目をつぶっているのではっきりとは分からないが、いわゆるモンゴリアンの血を引いているか、あるいはモンゴリアン系かもしれない。肌の色もかなり白いように見受けられる。名前はラム・バハドゥール・バムジョンということだが、民族名はやはり分からない。ただ、シェルパなどの高地チベット系仏教徒ではないようだ。
場所はバラ地区、というので調べてみると、インド国境、ビールガンジのすぐ近くらしい(ナラヤニ県バラ地区)。ということは、インド、ビハール州パトナーか10時間くらい、ネパールの首都カトマンドゥーからもやはり10時間くらいか。冬休み、ネパールはもちろん、インド北部を旅する人なら行って行けない場所ではない。
この少年、ルックスもいいから、もし本物だとされたらすごい人気になるに違いない。すでにマニアックな外人たちが訪れているかもしれない。サイババ以来の大物だが、仏教系なのでどうなるのか。ま、僕自身は実はサイババにもダライラマにも興味を抱かない人間なのだが、そうはいっても南アジアのことなので以後注目してみたい。

----------

「ブッダの生まれ変わり」ではなく「釈迦の生まれ変わり」ですね、正確には。

|

« 牛のような気分 | トップページ | スリランカ写真 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/65972/7370111

この記事へのトラックバック一覧です: ブッダの生まれ変わり…(?):

» 瞑想ぶっつづけ6か月っ! [Layer zero 〜恋するオタク高校生が見た世界〜]
○本日の挨拶 僕をゲームキャラクターに例えるなら。 サンドバック君ですかね(スマブラDX) 今日久しぶりに「徳川」と話せたのでノリノリです。 神鳴です。 ○迷走(違) 瞑想続ける「釈迦の化身」少年の謎究明へ とんでもない人がいるものである。 15歳(俺より年下かよ!)の少年が、6カ月間、食べ物や飲み物を一切口にせず瞑想を続けているという。 ここ数週間は、 「釈迦の化身」と信じられて�... [続きを読む]

受信: 2005.11.29 19:22

» ミステリアスボーイ [ニュースにツッコむblog]
ブッダの生まれ変わり? 謎の少年に10万人が注目 ネパール 10万人も見に来たんですか。 ものすごい人気ですね。注目度は高いです。 関連blog ブッダの生まれ変わり? 謎の少年に10万人が注目 6カ月間飲まず食わず・・「釈迦の化身」少年の謎究明へ=ネパール当局 ...... [続きを読む]

受信: 2005.12.01 10:48

» ネパールの「断食」少年7ヶ月目に [おもしろニュース拾遺]
 11月頃全世界で話題になったネパールの断食瞑想少年バムジョン君のニュースの続報があった(ロイター12月29日)。  もちろんバムジョン君は今も写真のように菩提樹の下で瞑想を続けており、「断食」は7ヶ月目に入った。あと6年(正確には5年と半年)座り続ける予定は変わらないという。依然としてラタナプリ村にやってくる見物客は引きも切らないという。  日本語の記事だけでは十分な情報が得られないので、海外の報道機関な�... [続きを読む]

受信: 2005.12.30 13:00

« 牛のような気分 | トップページ | スリランカ写真 »