« ネパールに行ってきます | トップページ | ネパールから帰ってきました »

カトマンドゥーにいます

現在カトマンドゥーにいます。昨日の朝、25日間の山の旅から戻ってきました。もう少し早く戻ってくる予定だったのですが、最後のほうで思いっきり病気をし、山の村で二日間寝込んでました。これが辛かった(笑)。山の村だから何もない、果物もなかった。電気もない薄ら寒い雰囲気で、もしかしたらこれは肝炎じゃないか、などと妄想を抱いて、さらに虫(ダニですね)にさされながら、眠れぬ夜を過ごしました。夜だけやってくる医者に見てもらったら、肝炎じゃないな、の一言。うれしくて、それで元気がちょっと出ました。
山の旅自体は印象的なものでした。良い悪いさまざまなことがありましたが。ある村の高台に登ると、山襞が数え切れないくらい重なって、その中央を谷がずっと走っていくんですね。そのはるか向こうにタライ平原からのバスが走ってくる街があるはず。ああ~、あそこまでいかないと帰れないんだ、とか、気が遠くなるんですが、村人に聞くと、「俺なら一日半だな」などと自慢します。そこから振り返ると、背後には薄くヒマラヤが続いています。その手前もやはり山また山、本当に右を見ても左を見ても山山山、そして点在する村々。ネパールはそんな世界です。
ネパールの山の村の話は帰国後、というより、来年の春以降に少し書きたいな、と考えています。

ネパールにはあと四日間います。明日から二泊で古都バクタプールに行ってきます。のんびりと石畳の道を歩き、古き良きカトマンドゥー盆地の雰囲気に浸れたら、と思っています。それではまた帰国後に。

|

« ネパールに行ってきます | トップページ | ネパールから帰ってきました »

コメント

肝炎でなくて本当に良かったですね。
先代国王の不幸な事件の影響は、ネパールの人々にとってどのような感じなのでしょうか。
帰国後で良いので差し支えない範囲で教えて下さい。
せっかくののんびり気分に水を差すようなコメントで失礼しました。
ごゆっくり堪能下さい。

投稿: シコオ | 2005.10.29 02:57

こんにちは。今はすっかり疲労もなくなり元気になりました。肝炎でなくて本当に良かった。
ネパール事情については詳しくは帰国後に書きますが、明るい展望というのはなかなか見出せず、ちょっと自信喪失状態にあるようにも見えます。カトマンドゥーのツーリスト地区であるタメルも規模は倍以上に膨らみましたが、ツーリスト自体は以前(10年前)の半分もいるかいないか、といった感じですね。ちょっと寂しい感じがします。山の村はあまり変わりませんが、村人と話をすればやはり不安の声が多く聞かれますね。一ヶ月の旅で何が分かるわけではありませんが…。
それでは、予定通り11/3に帰国します。

投稿: 柴田 | 2005.10.31 13:45

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/65972/6708488

この記事へのトラックバック一覧です: カトマンドゥーにいます:

« ネパールに行ってきます | トップページ | ネパールから帰ってきました »