« ガンジス川源流への旅2(もう一つの岸辺) | トップページ | ガンジス川源流への旅4(インドの珍寺) »

ガンジス川源流への旅3(サドゥーになる理由)

2005india04sadhu前回のブログで、次回はナガサドゥーの珍芸を、と書いたが、二回連続して同じ人の写真もどうかと思い、別の人の写真にした。といっても、今回の写真は前回のサドゥーのチェーラ、つまり弟子であり、彼も当然ナガサドゥーである。師匠(グル)のほうは、酸いも甘いも知った裏社会の親分みたいな存在だったが、弟子のほうは飄々とした立ち居振る舞いがちょっと変わっていて、もしかするとかなりの変人かもしれない。ただ、ナガサドゥーという存在自体がすでに変人の領域にあるわけで、彼らに常識を求めるほうがよほどおかしい。
ところで、どうして人はサドゥーになるのだろう?教科書的な説明では、リタイアした人が余生を真理の探究に捧げるため、などとあるが、見たところそうした人はむしろ少ない。サドゥーに過去を聞くのは軽いタブーなのでほとんど聞かなかったが、ある若いサドゥーの答えは明快だった。というのは、彼のお母さんが、彼がまだ5歳ぐらいのときに、あるサドゥーへ譲り渡したのだという。彼はそれを、「ギフト」と言った。どうして自分の子供を「ギフト」にしたのかは分からない。信仰心、とも考えられるが、むしろ、貧しさから、と考えるほうが自然だ。子供を作りすぎてしまう夫婦などインドでは珍しくないだろう。
また、多くのサドゥーが不可殖民出身であることも知られている。そうした人々の多くもまた、貧しさから抜け出すためにサドゥーになったのだろう。貧しさ以外の理由で有力なのは体の障害である。ガンゴートリーで知り合ったあるサドゥーがそうであったし、他にもそういったサドゥーを多く目にした。いずれにしても、豊かな階層のインド人が若いうちにサドゥーになるようなことはほとんどない。サドゥーはサドゥーになる以前から、社会のはみ出し者であった。もちろんサドゥーになってもそれは変わらない。ただ、変わらないにしても、それは昔のままではない。どう変わったのか、というのがとても興味深いのだが、それは「ガンジス川源流への旅」シリーズを通して書いていきたい。サドゥー、サドゥーといったところで、皆が一緒というわけではないだろうから。
「ガンジス川源流への旅」は第三回にしてすでに二回、サドゥーが登場してしまった。ちょっと多すぎる気もするが、今回の旅は彼らとの付き合いがメインだったのだから仕方がない。どうしてサドゥーだったのか、いろいろな理由が考えられるが、一番大きな理由は僕が彼らに親しみを抱いているからだ。10年以上もインドを歩いてきたのもじつはサドゥーという存在があったからかもしれない、と最近になって思い知った。

|

« ガンジス川源流への旅2(もう一つの岸辺) | トップページ | ガンジス川源流への旅4(インドの珍寺) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/65972/5231068

この記事へのトラックバック一覧です: ガンジス川源流への旅3(サドゥーになる理由):

« ガンジス川源流への旅2(もう一つの岸辺) | トップページ | ガンジス川源流への旅4(インドの珍寺) »