« インドから帰国しました | トップページ | ガンジス川源流への旅2(もう一つの岸辺) »

ガンジス川源流への旅1(ハリドワール)

2005india02haridwarガンジス川(ガンガー)源流への旅の出発点はハリドワールである。外国人の多くはその少し上流のリシケシを目指すが、ハリドワールのパワーあふれる魅力はリシケシの比ではない。特に5月、6月は、インド中からあらゆる階層の巡礼たちがやってきて、街は異様な熱気に包まれる。ハリドワールのパワーはヴァラナシにもひけをとらない。ヴァラナシが「死の街」だとすれば、ハリドワールは「生きとし生ける人間の街」、その魅力については次回から書いていきたい。
ところで、ハリドワールとは「神の門」を意味している。ハリドワールの両側にある山がヒマラヤ山地の最前線というわけで、どちらにも女神がまつられている。ハリドワールの上流は「聖なる世界」、反対に下流は「俗なる世界」というわけだが、それではハリドワール自体は「聖なる世界」と「俗なる世界」のどちらなのか?
思うに、ハリドワールはそれら全ての混じりあう混沌とした世界なのだ。それは単に言葉の上だけでなくて、現実においてもそうだった。それを全身全霊で感じることが出来たことが、今回の旅の一番の収穫だったと言える。ハリドワールでの最初の四日間がなければ、そのあとの出会いもなかったかもしれない。
掲載した写真は葉っぱのお盆にのせた灯明をガンジス川に流そうとする家族。夕暮れのガートでは、こんな風景が数多く見られる。まるで日本の「お盆」のよう…。

-----------------

とりあえず、「2005年夏ガンジス川源流への旅」をはじめます。でも、これはかなり長くなりそうなので、近いうちに、これと平行して「2005年夏デカン高原の旅」もはじめようかと。少なくとも、今年はもうインドへは(ここを強調…)行きませんから、この二つのテーマでのんびりやっていけそうです。

|

« インドから帰国しました | トップページ | ガンジス川源流への旅2(もう一つの岸辺) »

コメント

こんにちは。
今度インドを旅行する時には、ハリドワールでゆっくりしたいと思っていました。柴田さんの読み応えがある文章と写真で「ガンジス川源流への旅」シリーズが始まるのは、嬉しい限りです。しかし、この時期にハリドワールって暑くなかったのでしょうか?何はともあれ、次回の更新を楽しみにしております。

投稿: az190 | 2005.07.26 15:52

az190さん、はじめまして。
ハリドワールですが、昼間の最高気温が多分40度くらいで、やはり暑いです。といっても、同じ時期のヴァラナシなどに比べれば、ずっと過ごしやすいようです。下界からやってきた巡礼にとっては、かえって涼しく感じられるのかもしれないですね。
「ガンジス川源流への旅」、ゆっくり続けていきますので、これからもときどき遊びに来てくださいね。

投稿: 柴田 | 2005.07.26 21:55

はじめまして!夏休みデリーからハリドワール⇒リシケシュへと旅をします。ガイドブックなどにもあまりこの地域の情報はなく、ちょうど梅雨に入ることもあり、あまり動きまわれないので、良いところだけでも廻ろうと考えています!是非情報をください!!

投稿: ぷー | 2005.08.03 08:52

はじめまして。夏休みはちょうど雨季の真っ只中ですね。とはいえ、リシケシぐらいまでは、問題なく旅行は出来ますよ。山奥の聖地にも人は来ていますが、大雨が降って、場合によっては危険もあるようです。山道の通行止めも珍しくないと思います。インド中どこでもそうですが、大きく丈夫な傘か、高品質のレインコートがあったほうがいいですね。他に何かあれば、またコメントください。それでは良い旅を!

投稿: 柴田 | 2005.08.03 13:22

無事帰国しました。列車での移動など移動にほとんど時間を取られた感じでしたが、いろいろな町や人々の生活がよく見れて、とてもよい時間を過ごせました。幸い雨にも降られず、ガンジス川へも足だけですが入り、YOGAも極めてきましたよ!!YOGAは毎日やらないと落ち着かないところまできてしまいました。YOGAの後のインドで購入した紅茶は最高です!

投稿: ぷー | 2005.08.18 13:06

お帰りなさい。ヨーガというと、やはりリシケシだったのですか。今頃はガンジス川の水かさもだいぶ上がっているのでしょうね。
雨の多い地域なので、降られなかったのは幸運でしたね。いずれにしても、お疲れ様でした。

投稿: 柴田 | 2005.08.18 21:34

リシケシはYOGAが盛んで、YOGAセンターがいたるところにありました。一人旅をしている女性が非常に多く、ほとんどの人がYOGAをするためにリシケシを訪れているそうです。日本でブームになっていることも、知っている人が多く、日本からYOGAのために訪れる人もかなり多くなってきているそうです。といいつつ、私は一度も日本人と遭遇することはありませんでした・・・。

投稿: ぷー | 2005.08.19 08:40

YOGAは日本でブームなんですか?そういえば、テレビの特集でやっていたような記憶があります…。インドの中産階級のあいだでもやはりブームになっているようですが、日本と同じで、一種の健康法として認知されているようですね。あるサドゥーが「あれはヨーガではなくストレッチだ」と言っていましたが、どうなんでしょう。

投稿: 柴田 | 2005.08.19 11:55

私も教えてもらいながら、ストレッチとかわらないなぁ~と思っていました。が、ストレッチのようなYOGAができないと、本当のYOGAには辿り着けないと実感しました。YOGAの本を購入してきましたが、最後の方は人間離れしたポーズがたくさん出てきています。日本でやっているYOGAは準備体操といったところでしょうか・・・。

投稿: ぷー | 2005.08.31 08:39

本当のヨーガかどうかはともかく、二人のサドゥーから「すごい芸」を見せてもらいました。それが出来ないと本物ではないとか…。「あれはストレッチだ…」と言っていたのも二人のうちの一人です。「すごい芸」については、また近いうちにブログのほうで紹介したいのですが、ちょっと危険な芸なので、タイミングを見て、ということになりそうです。

投稿: 柴田 | 2005.08.31 21:52

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/65972/5145187

この記事へのトラックバック一覧です: ガンジス川源流への旅1(ハリドワール):

« インドから帰国しました | トップページ | ガンジス川源流への旅2(もう一つの岸辺) »