« 村の時間(インドの顔28) | トップページ | 土の神様 火の神様(インドに遊ぶ3) »

カッチの子供たち(インドの顔29)

kachi05インドの西の果てカッチ、大昔はサラスヴァティー川沿いに栄えたインダス文明の中心地であったはずだが、今はただの辺境地となってしまった。パキスタンの分離独立によって、国境が閉鎖されたのも、大きな痛手だったに違いない。そんなカッチには、今も多くの少数民族が暮らしているのだが、彼らはおそらくは、もともとは放浪の民であった。ふらふらとこの地に迷い込んできたのはいいが、社会情勢の変化で出るに出られなくなったのかもしれない。しかしそのために、彼らはかえって独特な文化風習を受け継ぐ民族として知られるようになった。とくに印象的なのが彼らの美しい民族衣装だ。そのため、カッチは、インド雑貨の分野では意外と知られる存在でもあり、東京あたりのアジア雑貨の店にもこの土地で作られた衣装がよく見られる。
カッチに数ある少数民族の中でもっとも華やかな衣装で知られるのが写真のメグワラ族だ。衣装ばかりではなく、家の装飾もとても美しい。僕は以前、彼らの村を一週間ほど泊まり歩いたことがある。大人の女性は撮影禁止だよ、と言われていたから、ほとんどが子供の写真になってしまった。
写真の子供は最初に訪れた村に泊まった翌朝。この村では、村長が次の日から外泊するというので、それまでに出て行ってほしい、といわれていた。勝手に来たわけだから、それは仕方がない。それでも、早朝から噂を聞きつけた子供たちが遊びにやってきた。
----------
カッチの写真はchaichaiのこちらのページからもたくさん見れます。ところで、来週水曜日からインドに行きます。一ヶ月弱の取材の旅です。行きたい行きたい、と思っていたら、突然決まりました。願えばかなうものですね。

|

« 村の時間(インドの顔28) | トップページ | 土の神様 火の神様(インドに遊ぶ3) »

コメント

インド行き、おめでとうございます~。お仕事ですか?もし写真やエッセイがどこかに載るのでしたらぜひ拝見したいです。
先日知人から私へのメールに、柴田さんのこのHPがすごくいい・・・と書いてありました(本人に言えばいいのにと返信したら、恥ずかしいから、とのこと)。
水曜日に出発ですか。私は日曜から日本を経由してアメリカに引越しです。これからも、柴田さんさんが見たインドを伝えてくださるのを、楽しみにしています!どうぞお気をつけて、よい旅を!

投稿: nory | 2005.03.08 05:44

noryさん、ありがとうございます。
日曜日に引越しなんですか?ゾウ祭りぐらいまではジャイプールかな、と思っていました。
じつは土曜日にジャイプールにも行きます。一泊なんですが。本当に入違いですね。
シュカワティの記事、見ました。ゾウと牛の絵、ここにもあったんですね。こちらのブログでもマドゥライにある同じタイプの絵を紹介したことがあります。どちらが先なんでしょう…(?)
それでは、また新天地での生活を楽しんでくださいね。それと、インドでの生活、お疲れ様でした。ブログ、これからも楽しみにしています。

投稿: 柴田 | 2005.03.08 13:59

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/65972/3167282

この記事へのトラックバック一覧です: カッチの子供たち(インドの顔29):

« 村の時間(インドの顔28) | トップページ | 土の神様 火の神様(インドに遊ぶ3) »