« イスラムの女性(インドの顔20) | トップページ | 砂丘を歩く犬(インドの顔22) »

人、人、人!(インドの顔21)

usioi90この写真、何をやっているところか分かりますか?まあ、何かの祭かなあ、というぐらいは分かるかもしれないが、何しろ写っているのが人、人、人のオンパレード。見物席にも人がぶら下がっていたりして、どこからが見物席なのかの境界線も分からない。うーん、参加したくない祭だなあ、と僕は反対側の観客席(外人とプレス専用)でため息をつく。
…ところで写真のものだが、牛追い祭である。集まってきた大観衆の中に暴れ牛を投入し、角につけられたハンカチを奪いあう。当然危険がともなう。しかもこの人ごみ、牛が突っ込んできても、はたして避けられるのかどうか怪しいところ。
まあ、そこはさすがはインド人、雑踏慣れしているというのか体が柔らかいのかよく分からないが、牛が暴れるたびに、人々はその鋭い角を器用に避けて逃げ回り、しかもげらげら笑っていたりする。どこまでも緊張感がないのがなんともインドっぽいところ。ま、そこがインド人のいいところだが…。
-------
牛追いの写真は、chaichaiの「写真で見るインド」のなかの、「インドの原郷タミル」で見られます。また、この祭の名前はジャリカットゥー。毎年1月15日あたりに、マドゥライ近郊の村で行われます。興味のある方はマドゥライの観光局へ。今は分かりませんが、昔は無料のツアーがありました(お菓子付)。

|

« イスラムの女性(インドの顔20) | トップページ | 砂丘を歩く犬(インドの顔22) »

コメント

へん

投稿: | 2005.02.12 22:10

巻き込まれて押しつぶされませんでしたか???心配・・・。

投稿: チビ | 2005.02.13 00:53

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/65972/2898527

この記事へのトラックバック一覧です: 人、人、人!(インドの顔21):

« イスラムの女性(インドの顔20) | トップページ | 砂丘を歩く犬(インドの顔22) »