« 原色のインド(インドの顔27) | トップページ | 原色寺院(インドに遊ぶ2) »

シャンティーな午後(インドに遊ぶ1)

kanchi02インドに関する新しいカテゴリーを作ることにした。名前はとりあえず、(インドに遊ぶ)、人物や動物以外の風景や遺跡など、気に入った写真を紹介していく予定です。第一回はカンチープラムの風景。南インド、タミル地方の古都であり、あのダルマさんの故郷でもある。街の中には数百以上の寺があるとされ、いつも巡礼で賑わっている。その中でもとりわけ重要な寺がエーカンバラナタール寺院。その正門にある門塔(ゴプラム)は高さ60メートル以上もあり、街のシンボルになっている。写真は、街で一番古いシヴァ寺院カイラーサナータからの帰り道に撮ったものだ。大きな池のほとりの牧草地には牛が草を食み、その向こうにエーカンバラナタール寺院のゴプラムがそびえる。なんとも平和な風景で、インドではこうした時間を「シャンティー」と呼ぶ。とても静かで幸せだね、という意味だ。張り詰めたような静けさではなくて、ときどき街のざわめきが、風にのって聞こえてくるような、おだやかな午後のひととき、といったところだろうか。

|

« 原色のインド(インドの顔27) | トップページ | 原色寺院(インドに遊ぶ2) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/65972/3096171

この記事へのトラックバック一覧です: シャンティーな午後(インドに遊ぶ1):

« 原色のインド(インドの顔27) | トップページ | 原色寺院(インドに遊ぶ2) »