« 黄色い頭の人々(インドの顔19) | トップページ | 人、人、人!(インドの顔21) »

イスラムの女性(インドの顔20)

islam20インド中央部の大都市ハイデラバード。ここはインドでもっともイスラム色の強い町の一つとして知られる。例えば、この町の代表的な食事としてあげられるのがハイデラバードビリヤーニ。大きなマトン肉ののったインド風ピラフである。菜食が根強い人気を持つインドでは、少し異質だ。町を歩いても、やたら目につくのがチャドルを身につけた女性。真っ黒いマントをひるがえし颯爽と歩くさまは堂に入っている。写真なんて撮ってはいけないのかな、と思いながらも、パシャリ!と一枚(パキスタンでは絶対にやってはいけないらしい…)。
ところでハイデラバード、なかなか楽しい町である。見どころも多いし、バザールは賑やか、それに食事がおいしい。新市街には、おしゃれなショッピングモールも出来た。そうそう、郊外にはNTR庭園という夢の新名所も(ナショナルジオグラフィックでも紹介された)。デカン高原を横断あるいは縦断するなら、来てみて悪くない街だと思いますね。

|

« 黄色い頭の人々(インドの顔19) | トップページ | 人、人、人!(インドの顔21) »

コメント

ミールスも良いけど、ビリヤ二もインドで食べるとまたうまいんだな~。すごくわかります!日本で食べるビリヤ二とまたぜんぜん違うんです!うらやましい。
昨日私のインド友達のおじさんも帰国したので来週あたり、リアルなインド話、聞きたいと思ってます!

投稿: チビ | 2005.02.13 00:51

ビリヤーニ、おいしいですね。長距離移動中、ドライブイン(ただの食堂ですね)でよく食べたかな。あとはチェーン店のインディアンコーヒーハウス。ここははずれがないですね。ビリヤーニ以外もおいしいですよ。

投稿: 柴田 | 2005.02.13 12:41

インディアンコーヒーハウス、去年の12月に行きました。うんうん。あそこは、安くて美味しいですよね!私は、あそこのコーヒーが好き!ビリヤにも食べたことあります!
後は、電車移動中にホームでさっと買って車内で食べるのも好きです。懐かしいなあ~。来年も行きたい!

投稿: チビ | 2005.02.13 22:29

確かに、駅や列車内で食べる料理はおいしいですね。ノンベジもあるし、ターリーの味も確かです。
昔、田舎町で「高くてもいいからうまい肉料理が食べたい」とホテルのフロントに訴えたら、鉄道駅の食堂を紹介されたことがあります。そんなにケチる必要もなかったのですが…。

投稿: 柴田 | 2005.02.14 00:31

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/65972/2882774

この記事へのトラックバック一覧です: イスラムの女性(インドの顔20):

« 黄色い頭の人々(インドの顔19) | トップページ | 人、人、人!(インドの顔21) »