« 砂漠の村(インドの顔26) | トップページ | シャンティーな午後(インドに遊ぶ1) »

原色のインド(インドの顔27)

bil03写真はインド西部ラジャスターン州の丘陵地帯に住むビル族の女性。独特の色使いで仕上げた美しい衣装が強烈な太陽の光を浴びて輝いている。陽炎がたつような灼熱の大地には、原色がとてもよく似合う。アクセサリーなんかも歩くたびにジャラジャラ音が鳴るくらいにいっぱいつけるのも楽しい。時間的にも空間的にも隙間なく埋め尽くすくらいに濃密な世界がそこにはあった。
-------
この祭の名前はバネシュワラ・メーラー。ウダイプールからデカン高原側へ、さらなる奥に入った僻地だ。毎年1月か2月の満月を最終日として何日か行われる。今気付いたが、今年は昨日が最終日だったようですね。

|

« 砂漠の村(インドの顔26) | トップページ | シャンティーな午後(インドに遊ぶ1) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/65972/3071605

この記事へのトラックバック一覧です: 原色のインド(インドの顔27):

« 砂漠の村(インドの顔26) | トップページ | シャンティーな午後(インドに遊ぶ1) »