« インドの土偶(インドの顔23) | トップページ | ムガル帝国の末裔?(インドの顔25) »

青い町の少女(インドの顔24)

aoimati33タール砂漠の西にジョードプルという町がある。通称ブルーシティー、その名前のとおり、町には青壁の家が立ち並ぶ。ぶらりと歩くと、まるでおとぎ話の世界に迷い込んだようだ。写真の少女と出会ったのもそんなおだやかな町のなかでのこと。赤い線のはいった青いバックがこの町にとても似合う。それにしても、いつも感心するのはインド人の色使いのうまさ。けばけばしい世界(これも結構好きですね)ばかりではなく、センスの良いパステル調のデザインが衣食住のあらゆるところで発見できる。ともかく色が好き、という人にこそインドをおすすめしたい(色の楽園にたどり着く前にはさまざまな障害がありますが…)。

|

« インドの土偶(インドの顔23) | トップページ | ムガル帝国の末裔?(インドの顔25) »

コメント

素敵!!!の一言です。 少女の写真とても好きです。青が綺麗ですね~。その町実際に訪れてみたいな。と思いました。私も以前にマハーバリプラムで撮ったお気に入りの少女の写真があります。日本は住みやすいですが、インドネパールが私の肌に合っているのでしょう・・・。早く行きたいなぁ。

投稿: ちび | 2005.02.19 21:54

こんにちは。
インドの子供は動きがすばしこくて、なかなかうまく写真が撮れないのですが、この子はおっとりした感じでしたね。
町の雰囲気も良かったですよ。町中、青い壁だらけなので、すぐに迷ってしまいますが…。
ちびさんも早くインドに行けるといいですね!

投稿: 柴田 | 2005.02.20 18:17

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/65972/2981732

この記事へのトラックバック一覧です: 青い町の少女(インドの顔24):

« インドの土偶(インドの顔23) | トップページ | ムガル帝国の末裔?(インドの顔25) »