« インドのロボット(インドの顔12) | トップページ | ベンガルポトア(インドの顔14) »

ジャイサルメールの路地(インドの顔13)

jaisal03タール砂漠のど真ん中にある城郭都市ジャイサルメール。迷路のような路地を歩くと、砂漠らしい華やかな色使いの家々が並び、なかなか楽しい。そんな時、赤ちゃんを抱い女性に出会った。鮮やかなサリーが背後の壁や門の色によく似合って美しい。ガネーシャ(ゾウの神様)の絵も楽しい。それに子供の目もなんとなくおもしろいし、うーん、インドはやっぱりいいね。
---------
砂漠の国ラジャスターンはとくに西洋人旅行者が多い。反対に、日本人は圧倒的にガンジス川だ。ガンジス川沿いは仏教の聖地も多いし、なんといってもヴァラナシがある。殺伐とした雰囲気がいかにもインドという感じだが、それだけがインドではない。機会があれば、是非砂漠の旅を!
(chaichaiのほうにも、砂漠地域の写真はたくさんあります)

|

« インドのロボット(インドの顔12) | トップページ | ベンガルポトア(インドの顔14) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/65972/2757212

この記事へのトラックバック一覧です: ジャイサルメールの路地(インドの顔13):

« インドのロボット(インドの顔12) | トップページ | ベンガルポトア(インドの顔14) »