« ゴアのお土産物屋(インドの顔9) | トップページ | 猿の神様ハヌマーン(インドの顔11) »

ラダック遊牧民(インドの顔10)

yuubokumin05インド最北部、ラダックの東部に住むチベット系遊牧民。マナーリーとラダックを結ぶ幹線道路近辺から中国国境近くにかけて住んでいる。この一帯の標高は4000メートルを超える。冬はなんとマイナス40度にもなるという。生活は一見大変そうだが、飼っている羊からパシミナ(カシミヤ)が取れるのでお金もそこそこ、自由もあるし、人ごみもないし、単純にはいえないが、それほど悪くはないと思う。なかにはパシミナビジネスで大金持ちになった人もいるそうな。遊牧民を訪ねるには車をチャーターする必要があるが、ただラダックを旅行するだけならバスで十分。壮大な風景を眺め、車内に流れるヒンディーポップスを聴いていると、このバスに乗って永遠に旅行したいなあ、と思ってしまう。
(ラダック遊牧民の写真はchaichaiのこちらのページから多く見ることができます。興味のある方はどうぞ)

|

« ゴアのお土産物屋(インドの顔9) | トップページ | 猿の神様ハヌマーン(インドの顔11) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/65972/2700629

この記事へのトラックバック一覧です: ラダック遊牧民(インドの顔10):

« ゴアのお土産物屋(インドの顔9) | トップページ | 猿の神様ハヌマーン(インドの顔11) »