« ビル族の少女(インドの顔5) | トップページ | 笑う牛(インドの顔7) »

チャイ屋(インドの顔6)

chai02カルカッタのイスラム街にあるチャイ屋。この手のチャイ屋としては規模は大きく、イスラム教徒の社交場となっている。サモサやパコラといった揚げ物系スナックもあり、貧しい労働者にとっては飯屋のような存在でもある。例えばここでチャイを一杯、サモサ(ジャガイモを皮で包んで揚げたスナック)を二つ食べれば十分お腹一杯になるだろう。値段は6ルピーから8ルピー、日本円でまあ20円といったところだ。それでも、1日100円から150円程度しか稼げない労働者にとっては、食うべきか食わざるべきかで頭を悩ますところだ。各国の極貧旅行者にとっても、チャイ屋は最後の砦だといえるだろう。

|

« ビル族の少女(インドの顔5) | トップページ | 笑う牛(インドの顔7) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/65972/2623712

この記事へのトラックバック一覧です: チャイ屋(インドの顔6):

« ビル族の少女(インドの顔5) | トップページ | 笑う牛(インドの顔7) »