« インドで読む「遠野物語」 | トップページ | 「不食」について »

インド用カメラ

この春、ついにデジタル一眼レフを手に入れた。ちょうど話題になっていたニコンのD70である。使ううち、すっかり楽することを覚えてしまい、その後のスリランカで一瞬あせってしまった。

スリランカでは、今までどおりニコンのnewFM2を持っていったが、すっかりオートで慣れてしまった頭がなかなかマニュアルカメラに対応できない。newFM2というカメラ、すべてはマニュアルだから、いちいち、ピントと絞り、それにシャッタースピードを調整しなければいけない。慣れれば、ものの2・3秒だが、それがまどろっこしい。

それで、今後のインド取材でデジカメを使えないかといろいろ考えていたが、いざデジタルカメラを想定すると、これはこれで問題は多い。その一番のネックはお金だ。

まず、カメラ一台ではやはり不安だ。そしてもう一台買うとすれば、やはり高級機種が安全。次にデータの保存だが、これもパソコンかストレージ、あるいは現地でCDに焼くという方法があるが、いずれにしても、安全のためには最低二ヶ所にデータを保存する必要がある。パソコンは最近出回っている小さなものが欲しいが、それだけで20万。そして高機能なストレージが5万ぐらいか。

例えば、カメラをD70で我慢したとしても、…なんだかんだで計40万円。ちょっときつい。フィルムだったら、例えば150本撮っても20万円程度で済む。また、デジカメやパソコンの耐久性を考えると不安もある。その点、フィルムカメラは安くなる一方で、中古で2.3万も出せば、十分使えるカメラが手に入るし。

という訳で、(インドでは)まだまだフィルムカメラかな、と思う今日この頃である。

----------------

ところで、今使っている三台のFM2、数えてみるともう10年以上もインドで活躍していることになる。一度、巻き上げレバーが折れるトラブルがあったが、それも現地で修理できた。いいカメラだが、本当はF2とかキャノンF1とかが欲しかった。生産中止から久しいが、ともかく強そうだし、いざとなったら武器にもなる。F2デジタルとか出たら是非買いたいな。

|

« インドで読む「遠野物語」 | トップページ | 「不食」について »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/65972/2248056

この記事へのトラックバック一覧です: インド用カメラ:

« インドで読む「遠野物語」 | トップページ | 「不食」について »