« 満月の夜 | トップページ | 「旅行者」について »

不食と粗食

本屋をのぞいていると、「不食」という本があった。ぱらっとめくっただけで読んでいないが、なかなかおもしろそうである。「不食」とは、要するに、食べずに生きる、ということだ。仙人のように、霞を食って生きることでもある。そういえば、インドには今もいっぱい仙人みたいな人(サドゥー)がいるが、彼らもあまり食事をしない(サドゥーの写真はこちらから)。

ネパールのアンナプルナのいう山には毎年多くのサドゥーが訪れるが、あの地域は一般に仏教徒が多く、ヒンドゥーの行者サドゥーを尊敬していない。サドゥーはずた袋一つ背負って、標高が3千メートルを超えるような山岳地帯を旅するが、彼らは一体、どうやって食事を得ているのだろう。彼らが飢えかけていれば、村人もほうってはおかないと思うが、実際、サドゥーが困っている様子はない。時々、チャイ屋を訪れてチャイを要求するぐらいで、結局、サドゥーはほとんど何も食べずに旅をしているように思った。人間は水さえあれば、1ヶ月ぐらいは生き延びるというから、しかも修行を積んだサドゥーとなれば、数週間の絶食など、物の数ではないのかもしれない。

しかし、不食も長く続くと、どうやって栄養を取るのかと不安になるが、しかし実際は、むしろ食べ過ぎで病気になるパターンのほうがずっと多いかもしれない。僕は長く料理の仕事をしていたので、当然食に興味があるが、その為に逆に体を壊したこともあり、食は難しいなとつくづく思う。

そういえば、ビタミンEの取りすぎが病気の要因になるという記事があった。健康にいくら気をつかっていても、実際、何がいいのか悪いのかははっきりとは分らない。まあ、バランスのいい食事が一番だということになるのだろうか。

しかし、もっと話をすすめて、究極の健康法はといえば、それが「不食」なのかもしれない。何も食べなければ、ほとんどの病気の要因がなくなるわけだ。もちろん、栄養失調で死ぬ可能性は十分あるから不食は急には難しいが、少なくとも、何かの栄養を取らなくては、と焦るより、なるべく栄養を取らない方向にいくほうが、案外うまい健康法なのかもしれない。

禅寺のお坊さんなんかも、入門して、粗食ばかり食べると最初は痩せて元気がなくなるが、いつからか、急に健康的になって、逆にふくふくとしてくるのだと、どこかで聞いた。そういえば、大昔、永平寺という有名な禅寺に行ったことがあるが、そこにいたお坊さんが、みんなすごくきれいな肌をしていることに、子供心に驚いたのを思い出す。

ところで、こういった不食や粗食の考え方は、やはりインドからやってきたようである。食べなければ病気はしない、という不思議な考えは、ある意味、非常に消極的な生き方に結びつくかもしれない。因果応報といえばその通りだが、例えば人間関係なんかも、それを結ばなければ、苦しみは生まれない、と大昔のインド「聖」人は考えた。極端だが、その通りかもしれない。いや、傷ついてもいいから人間と付き合いたい、そして、病気になってもいいからいっぱい食べたい、と考える人もいるだろう。というより、多くの人はそれを望むに違いない。楽しみのない人生なんて要らない、と。

不食あるいは粗食の生活に楽しみがあるのかないのかは別にしても、傷ついてもいいから楽しみたいと考えるのもまた、とても人間らしい。どちらがいいか悪いかはこのさいどうでもいいことだ。不食や粗食だって人間らしいことには変わりはないわけで、まさか動物は、こんなことにいちいち頭を悩ますことはないだろう。

|

« 満月の夜 | トップページ | 「旅行者」について »

コメント

私もその本、立読みしました。「たべたいのは、空腹というよりは、嗜好や愛(つきあいなど)のため」という言い方があって、気に入りました。本を読んで、さっそく三食、抜いてみたら、ほんと、まず、口がさみしかった。そして、たべるコミニケーションは、案外そこら中にあって、たしかに、愛(周囲の目線)がネックだと思えた。インドのサドゥーのように、日常を達観しつつ、世間と共存するような?在り方があれば、不食って、案外、できるのかもしれませんね。

投稿: ささき | 2004.12.09 01:35

ささきさん、こんにちは。

「たべたいのは、空腹というよりは、嗜好や愛(つきあいなど)のため」

本当にそうかもしれませんね。好きなものがあると、「寝食も忘れて」となります。

一部のサドゥーは、ずっと神様の名前を唱えながら聖地を巡っていますが、まるで、終わりのない恋愛のようです(サドゥーなのに、って感じですが)。確かに食べずに済みそうです。

それにしても、食べ物を食べるのは「愛のため」という考え、非常に興味があります。結局、食べるも食べないも、ともに、共感とかつながり(人間関係だけにかぎらず)を求めてのことなのかもしれませんね。

投稿: 柴田 | 2004.12.09 20:41

ささきさん。柴田さん。その他の皆様
どなたか至急お話したい。返事がほしい。

このような、「不食」、「不眠」、「不性交」など、人間、ひいては動物の本能に逆行することで、特殊な超人が生まれるものか。私は一瞬憧れるのですが、現実はとても不可能のため、自分の不甲斐なさに、自分を責めまくってしまうのです。
山田鷹夫氏の本で、彼のお母さんはどんなお気持ちで鷹夫氏と生活しているのでしょうか?。本当に食べずに3年生きられますか。根性だけで…。
細胞学から見ても、否定されます。アフリカでどんなに多くの子供達が飢餓で命を落としているか。 
矛盾にさいなまれます…。
農業、漁業、流通業は不要になる。
それに、これを本気で行ったら、ほとんどの方は、根性なしで脱落、あるいは真面目な方々は死去するでしょう。
人間の胃や腸は何のためのものか。
山にこもる仙人の話は聞きます。
しかし、どんな人間でも平均年齢が多少ずれるだけでしょう。
私の場合、家族4人です。家族を悲しませて、あわれな生き方となることが目に見えています。
そこで、私はこういう本には、結果としてついていけないということになります。
超人の生活をご存知の方は教えてください。山田鷹夫氏の近所付合いなども含めて…。
 -平凡に、三欲のまま生きることにしたあわれな男-           2004年12月27日 -風見-

投稿: | 2004.12.27 11:17

風見さん、はじめまして。コメントいただきありがとうございました。chaichaiblogの柴田です。

山田さんの本はこのあいだ読みました。個人的には肯定的ですが、その本でも書かれていたように、結局は実践するかしないかなんだと思います。僕は実践していませんから、本当に「不食」が可能かどうかは分かりません。

ただ感じたのは、出来ると思う人は出来るのかもしれないし、出来ないと思う人は出来ないのでは、ということです。それに、しようという人はそんな状況を楽しんでいるようですね。あるいは喜びといってもいいようです。「根性」では難しいのでは。山田さんもすごい楽天家なんだと感じました。

個人的な話ですが、僕は長年、ただ旅行だけをしてきた人間です。今は少しストップしていますが、もちろん諦めたわけではないです。でも、旅行するために、やはり捨てるものも多かったですね。たとえば、友達なんかも…。

(長期の)旅行生活も「不食」の実践も、やはり非常識(さまざまな意味で)なことなので、現実と折り合いがつかなくなるのは仕方ないと思っています。それが嫌なら、そんな世界に足を踏み入れる必要はないのでは。だから、非常識な人はたいてい無責任なくらい楽天家ですね。インドのサドゥー(修行者)なんか皆すごい非常識で楽天家です。人生を半分は捨てていますから。

結局、常識的に生きるのも非常識的に生きるのも、どちらが良い悪いの問題ではないように思います。それに、それぞれの本来の性格も重要でしょう。あるインドの聖人の本でも、「出家を悩むんであれば止めたほうがいいのでは…」といった話がありました。逆に、「不食」の本が出て、あっ、これだ、と思った人は、多分、すでに近い線までいっていた人では。でも、それも人それぞれだと思いますね。

投稿: 柴田 | 2004.12.27 15:37

初めまして、ブログ読ませて頂きました。

私は、五臓六腑を患い、10数年の闘病経験をもった一中年男子です。

医者を離れて、さまざまな民間医療を漁った後、ヨガで救われました。

断食も何度か体験しました。

「不食」という本の著者と同じように、ほとんど食べずに生きている人の存在を知るにつけ、 「何故不食が可能なのか?」
ということを随分、考えてきました。

結果、多分 「気」 のおかげではないかという結論に達したのです。

ご存知かとおもうのですが、「気」は、すばらしいエネルギーをもっています。

私の知人に「気」によって、癌をはじめとする
難病を治しているひとがいるのですが、他にも
同じような人は、かなり存在しているようです。

また、2年前に、「気」を発生する 器具 によっても奇跡と感じるような効果を発する物に出会うことも出来ました。

漫画に 「仙人」 と呼ばれる老人が登場するのを子供の頃よく読んだ記憶があるのですが、そこでは、 「仙人」 が、霞を食べて生きているかのような表現がなされております。

これは、あながち、虚構ではないのではなかろうか? というふうに思えたりしております。

つまりその「霞」というのは、「気」そのものに他ならないのではなかろうか?と今では、思うのです。

コメントを寄せておられる他の人とは少し方向が違うようですが、

以上が、「不食」を読んだ私の簡単な感想です。

ついでながら、私は、「 人に元気になってもらえる方法 」をいつか、なんらかの形で発信できたらなーと考えている人間です。

出会いに感謝しております。


投稿: 太助 | 2009.01.28 09:22

「気」が非常に重要、ということは、この記事を書いた4年前より今のほうがずっと切実に感じていることです。そのきっかけとなったのが、インドの仙人たちです。現実の仙人というのは想像よりもずっと生々しいものですが、かえってその生命力に魅了されたような気がします。彼らは旅を通じて、インドの大自然のエネルギーを取り込み、自らの原動力にしているようです。いい意味で期待を裏切られたのは、彼らの一部が、思いのほか荒々しく、暴れん坊だったということです。こんなに元気な人たちを僕はほかに知りません。インドの荒々しい自然にそっくりです。自然のエネルギー、「気」の力をもう丸ごと掴み取っているという気がします。

仙人が食べる霞ですが、インドの仙人にとっては、大麻の煙です。大麻は日本では悪そのものですが、仙人たちにとっては聖なる草で、たぶん、自然と人間との架け橋のような役割を果たしているのではないでしょうか。

投稿: 柴田 | 2009.01.29 00:21

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/65972/2108766

この記事へのトラックバック一覧です: 不食と粗食:

» あなたもプラーナで生きられる [ワンダー赤い風船]
リヴィング・オン・ライトあなたもプラーナで生きられるリヴィング・オン・ライト細胞は、物質を身にまとった記憶意識は知覚し、統制し、構成し、そして物質化する。細胞を軽くして、光で満たすことが可能。元気のでるワンクリック! 願!1日1回!ヽ(^。^)丿人気ブログ...... [続きを読む]

受信: 2005.06.15 01:23

« 満月の夜 | トップページ | 「旅行者」について »